好きな花を
たずねられるときがあるけれど
いつもこたえられないでいる。

花は好きだけれど

好きな花はないのかもしれないな。