この間、とあるかたの展示へ友達と行って、
絵を目の前にした時、泣きました。
なぜ泣いたのか、その絵に対してどう思ったのか全然言葉にできませんでした。
それはたまたま絵だったけれど、絵でも音楽でも詩でも物でも体でも、言葉になれない命が動く瞬間があることを理由はないけど信じています。






梅雨明けたのかな、暑くてぐんにゃり。