梅雨入り前のいつかに。
寝転んで眺めるのにぴったりだった。