「駐車場入り口につき駐車禁止です」

出先で通り過ぎたパーキングからエンドレスで聞こえていた。
どこか考えてしまうリズム

適当に手にした雑誌でたまたま開いたページから文字の並び、音として聞くだけの電車から聞こえる会話、信号待ちの近くの店からの甘い香り、
いつも忘れてすぐ消えそうなことが、色にかわって組み立てられて、もとの姿とまったく違うかたちに変えられ、描きたいものになる。

このかんじ久しぶり、今たぶん、健康だ。

年が明け、会期再開前に光兎舎へ


会期中、疲れたり不安になる時、展示空間へひとり入ってしばらくすると、整い、落ち着いていた。
新年も入って、チューニングされ、整う。
「正月関係なく制作してるよ」と店主加藤さんの言葉が臼の中の餅みたいな感触だったので杵でつきたくなった。頷いて餅をつく。

そこで集まって交わされた話はふわっとして溶けて消えては湯気のようだった、自然。
絵はなくても日常はあるけど、絵があってもそれは自然で身近なことだと思った夜でした。

年が明けて、展覧会の再開は1月8日から。
(8日は在廊します)

冬の京都、気持ちいいです。
1月のNIJIKOもよろしくお願いいたします。


○○○○○○○○○○○○○○

近藤晃美 個展 NIJIKO

会場
Kousagisha Gallery (光兎舎)
京都市左京区浄土寺上馬場町113
木のビル1階
http://kousagisha.com

アクセス
京都駅・河原町から市バス 5番・17番
「浄土寺」下車すぐ
京阪出町柳駅から市バス 17番・203番
「浄土寺」下車徒歩1分

会期
2019年12月18日(水)〜12月29日(日)
2020年 1月8日(水)〜1月19日(日)
12:00〜19:00
定休日 月 火

◎2019.12/30〜2020.1/7は 年末年始のお休み

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


関連する記事
コメント
コメントする