東京へ越してすぐくらいに違和感があった言葉が「ウケる」でした。
出来事や会話の中で愉快がマックスになった時に「ウケる」って言われたらこれまでの愉快な流れが全て台無しにされた気分に勝手になってたんですけど、
最近絵を描いてる時に「めっちゃ明度と彩度低すぎ、ウケる」「それ前も描いてたし、ウケる」「また黒に塗り潰してるやん、ウケる」などいつの間にか独り言でよく言うようになっていて、恥ずかしながら「ウケる」の良さが分かるようになってきました。

作業部屋が涼しい梅雨の間に描き終えたいなー
関連する記事
コメント
コメントする