展覧会【図図】ずず は7月2日に無事終了致しました。

お越し頂けた方、お越し頂けなくても気にかけて下さった方、この展覧会のことを知って下さったことが嬉しかったです。

この機会を与えて下さいました古道具コレノナ店主しまもとありさん、
DMの制作にあたり細部まで願いを叶えて下さいました浦川彰太さん、
人気者のおはぎクッキーをつくって下さいました焼き菓子やひとひとての小野木ご夫婦、
設営や内装のご協力を頂きました古道具背骨の吉田さん、
会期中ずっと見守って下さいました、黄色い鳥器店のひろのぶさんとちえさん、
店内の撮影にご協力頂いたリンちゃん、

この時間に触れて下さいましたすべてかたたちに感謝ばかりです。

本当にありがとうございました。


図という字が、ずっと見ていたら字に見えなくなってきて、絵が描かれたキャンバスに見えてきたり、物が入った引き出しの中や、物や人が含まれた建物にも見えてきたことがありました。
実際調べてみると図には絵という意味や物の姿やかたちという意味があったので、私の図と、コレノナの図を隣り合わせて展覧会名は、【図図】にしました。


どうあったら展覧会になるのかは今もよく分からないけど、会期中は物と絵と人などが自然と等しくあるように思えて、それが自身には心地よく、今はこういう姿かたちなんですと胸をはって思えたことがとても誇らしかったです。


それから同じ時間をほんの少し一緒に過ごして、ありちゃんのかっこよさを目の当たりにした日々でした。



画像は店内の奥にある小部屋の展示風景です。

DMの絵は「人のかたち」2017年

コレノナでみつけた、親指くらいの小さな人のかたちをした物を描きました。



またいつかコレノナでありちゃんたちと展覧会が出来たらいいなぁと、図図しく思っています。











コメント
コメントする