もとは薄い一枚の紙パレットでした。
紙とパレットにのった絵の具がもったいないのと、紙をすてるより筆を持っていたくて
15年くらいそのまま使っていたら岩みたいになりました。

家に絵をみにきてくださったとき
これはなぁに? と
きいてくれたことでこれが紙だったことを思い出して、はじめてパレットについてはなしをしました。

そのことがきっかけでこのパレットは去年の展示で一緒にみてもらうことになりました。

自身では意識しなかったいつもの風景に気づいてもらえたこと、どきどきしました。


さっき、水色つかったから、みずうみができたみたい。